子供の成長が伸びない原因は、精神的ストレスにある?

トップページ
お気に入りに追加

子供の成長が伸びない原因は、精神的ストレスにある?

子供の成長(身長を伸ばす)には栄養・睡眠・運動が必要だということは、誰でも分かると思います。ですが、その他にも必要なものがあり、それは「愛情」です。

愛情は子供の成長に深く関係しており、愛情を受けられない子供はストレスを感じてしまいます。精神的なストレスは成長ホルモンの量を減らす原因になります。

その成長ホルモンは、子供の成長に欠かせないホルモンとなるため、愛情を受けられないことによるストレスは、子供の成長を妨げてしまいます。ストレスが蓄積すると、食欲がなくなったり、寝つきが悪くなったりします。

子供の成長には栄養も必要なため、食欲がなくなることは良くありません。また、睡眠も成長するのに必要なため、寝つきが悪くなり、質の良い睡眠がとれなくなることも良くありません。

そして、ストレスにより精神が不安定になると、さらにストレスを受けることになるため、負のスパイラルに陥ります。つまり、愛情を受けられないことによるストレスは、子供の身長が伸びない原因になります。

これらのことから、子供の身長を伸ばすには、子供に対して無関心にならず、しっかりと愛情を注ぐことが重要になります。また、愛情を注ぐ以外にも重要なことがあり、それは、温かい家庭を作ることです。

例えば、お母さんとお父さんが頻繁に喧嘩をしていると、その喧嘩を見ている子供は強いストレスを感じてしまいます。そのストレスが成長ホルモンの分泌を抑えてしまうため、子供の身長が伸びない原因となります。

以上のことから、子供を健やかに成長させる(身長を伸ばす)には、十分な栄養・睡眠・運動・愛情が受けられる環境を親や周りの人が作ってあげることが大切になります。