子供の身長を伸ばすための食事の工夫とは?

トップページ
お気に入りに追加

子供の身長を伸ばすための食事の工夫とは?

子供が健やかに成長するためには、食事のあり方に気を配ることが大切です。身長を伸ばすのに欠かせないたんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDといった栄養素をしっかり摂取できるようにしましょう。

たんぱく質には、肉や魚、乳製品に含まれる動物性たんぱく質、豆類などに含まれる植物性たんぱく質があります。日本で古くから親しまれてきた和食では、肉や魚に加えて、豆腐や納豆、味噌といった豆製品を食べる習慣があり、動物性、植物性の良質なたんぱく質を摂取できます。

カルシウムが摂取できる食材の代表格が、牛乳やチーズなどの乳製品です。乳製品以外では、骨ごと食べる小魚も、カルシウム補給に適しています。おやつ感覚でつまめる商品も販売されているので、上手に取り入れて下さい。

マグネシウムは、たんぱく質の合成に関わる栄養素で、アーモンドやピーナッツ、胡麻などの種実類に豊富に含まれています。和え物の和え衣や、サラダのトッピングに種実類をプラスすると、マグネシウムを賢く補給できます。

食事の栄養バランスを整えるだけでなく、食事の場のあり方を見直すことでも、より健やかな成長が促せます。三食をなるべく規則正しい時間帯に食べるようにし、夕食が遅くなり過ぎないようにしましょう。また、家族で食卓を囲み、会話を楽しみながら食べるようにして、正しい食習慣を身に付けることも大切です。

きちんと咀嚼して食べて、効率よく栄養が吸収できるように、周囲の大人が気配りをしながら、子供の成長を促しましょう。